質問が苦手な子には先生はどう対応しますか?

質問が苦手な子には先生はパターンにわけて対応させていただきます。

 

質問が苦手な子には2パターンいます。

1、自分がわからないところがわからない子

2、先生に自分から話しかけるのが苦手

1の子は「個性別指導」で対応させていただきます、まずは先生が生徒の苦手を把握して、少しずつ生徒にも自覚してもらえるよう導きます。

2の子は明るくフレンドリーに対応し、先生のほうからも質問をするようにして、質問ができる雰囲気を作らせていただいております。

また2の子には、「学生家庭教師」がおすすめです。

歳が近く、雰囲気を作るのが上手な学生家庭教師だと質問のしやすさがぐっと上がります。

もちろん「個性別指導」も同時に行いますので、ご安心ください。

トップへ
タイトルとURLをコピーしました