柏原市・八尾市・香芝市・藤井寺市・大阪教育大学・家庭教師・塾・教育センターCAD

小学校低学年

一人一人に合わせた指導で、将来まで見据えた教育を

柏原市・八尾市・藤井寺市・香芝市で塾・家庭教師をお探しの方へ

 

 

「学力アップノート!」のとり方小学生低学年編

 

・上手(じょうず)なノートって?小学校低学年編

→ あとで見直(みなお)したとき、みんながわかるノート

 カラフルできれいな文字がきっちり並んだノートは、見ためはとても綺麗です。

でも、ちょっと待って。ノートをとる目的は何でしょう?

 ノートの目的は、授業で教わったことを、あとで見直したり思い出したりできるよう、メモしておくことです。

 

だから、見た目がきれいなことより、どこに何が書いてあるかが、

ひとめでわかる形になっていることが一番大切です。

・そのためにはどうしたらいい?小学校低学年編

→ ルールを決めて、どんどん書く!

「きれいに書こう!」

と気にしすぎて、授業から遅れたり、授業の内容がおろそかになったりしては意味がありません。

丁寧に書くのは良いことですが、速く書くことも大切です。

 時間をかけずに、わかりやすくノートをとるためには、自分なりのルールを決めておくのがコツ。

たとえば、次のようなルールをためしてみましょう。

小学校低学年ノートの取り方ルール

➊日付を書く
日付があると、いつ勉強したかすぐわかります。

 

➋ページ(P)を書く
教科書のページを書くと、どこを勉強したかわかります。

➌「スキマ」は広くとる
ノートにスキマを作っておくと、まちがいの書き直しをしたり、気づいたことをメモしたりできます。

 

➍記号やマークを使う
「→」を使うと、内容のつながりがひとめでわかります。○や□で囲むと、どこが大事なのかわかりやすくなります。

 

➎色は3色まで
色が多いとどこが大事なのかわからなくなります。いつもは黒で書き、目立たせたいときは赤や青で書きます。

➏まちがった答えを消さない
まちがいを残しておくと、自分がまちがえやすいところがわかり、同じまちがいを繰り返しにくくなります。

➐学習内容が変わったら次のページへ
次の学習内容に入るときは、ページの途中でも、新しいページから書きます。もったいないようですが、あとから見直したときに内容をつかみやすくなります。

➑ノートは教科ごとに1冊ずつ
1冊のノートにいろんな教科がまざっていると、あとで見直すのがたいへんになります。

「まちがい」は、レベルアップのチャンス!! 大切なのは、同じまちがいを繰り返さないこと。

どうしてまちがえたのか理由を書いておくと、次のまちがいをへらすことができます。

 

低学年の文具  B、2Bの鉛筆   下敷き   定規   消しゴム   ノート 

まだ筆圧の安定しない低学年の子には、芯が柔らかく濃い字が書けるBや2Bの鉛筆がおすすめです。

下敷きは、紙が平らになり文字が書きやすくなるので、ぜひ使ってください。

消しゴムは、出番が多いのでよく消えるタイプを。

消しくずがまとまるものだと机の上が散らからず便利です。

ノートはいろいろな種類がありますが、学年・教科により次のタイプを目安にしてみましょう。

 

小学校低学年編 ノートの目安 
▍国語 マスノート(十字リーダー入り) 2年生:1行6マス~12マス
3年生:1行10マス~15マス
▍算数 2年:マスノート(十字リーダー入り)B5横 1行6マス~8マス
3年:マスノート B5縦 横12マス・縦17行
▍社会・理科 10㎜方眼ノート(十字リーダー入り)または
 (3年生) 横罫線のみで1㎝間隔の目盛りがあるもの
※お子様にあわせて使いやすいノートをお選びください。

 

国語ノート具体例

算数ノート具体例

良いノートと悪いノート具体例

 

 

一人一人に合わせた指導で、将来まで見据えた教育を

柏原市・八尾市・藤井寺市・香芝市で塾・家庭教師をお探しの方へ

 

トップへ
タイトルとURLをコピーしました